2016年05月18日

医者からもらった薬がわかる本 第30版 まもなく発売です

昨日は雨でしたが、今日はすっかり晴れ渡りよいお天気。
空がまぶしいです。
もう夏みたいですね〜
紫外線対策を欠かさないハナダヤマですが、毎年この時期を皮切りにがんがん黒くなっていきます。
どうして…、こう、なんていうか…
うーん…
…肌を守ってくれてありがとうメラニン!

さてさて、毎回ご好評をいただいている「医者からもらった薬がわかる本」も今回でとうとう第30版!
もうすぐ発刊です。
早ければ今週末にも書店さんなどでご覧いただけることと思います。
今回は目にも爽やかなブルーの表紙。
医者からもらった薬がわかる本 第30版

こちらを目印に見つけてくださいませ。

処方されることの多い約12000品目について、用途や使用方法、価格、副作用などの注意事項をお知らせしています。
また海外での販売の有無を点数化した海外評価や、アメリカ食品衛生局(FDA)による妊娠中の使用の安全性について分類したプレグナンシーカテゴリーなど、薬使用の判断の目安にお役立ていただける情報も掲載しています。

こちらも!
ボケない暮らし 30ヵ条


認知症専門医が教えるMCI(軽度認知障害)から引き返す30のヒント。

ウルトラ図解 甲状腺の病気


オールカラー図解で、わかりやすい解説です。

在宅医療 多職種連携ハンドブック


病気や障害をもった人を在宅で支えるための医療連携と実践ノウハウ!

よろしくお願いいたします!
posted by ハナダヤマ at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする