2013年03月14日

強風のおかげで顔が痛いです

昨日はすごい風でしたね!
ハナダヤマは、板橋の方の病院に(仕事です)行っていたのですが、風に吹かれて行きたい方に進めないという体験をしました。

その強風の中、口を開けていたか、喋りつづけていたかしたんでしょうね、ハナダヤマは。
「口に砂が入りましたよ〜」
と、同行のライターさんに言うと、ライターさんはマスク装着済だったので、そういう目には合わなかったようです。ハナダヤマのことを気の毒そうに労わってくださいました。この時期のマスク、防塵用としても有効。
さらには、ハナダヤマの薄短いまつ毛たちが十分に機能しなかったせいで目もゴロゴロです。

ついでに言うと砂っぽいところで、しばらく風に吹かれている間に、砂粒が吹きつけられて顔が痛くなりました。
いやはや、サンドブラスト的な?(←口調がおかしい)

そういうわけで、普段から気象に関して不平の多いハナダヤマですが、ほんとにえらい目に合いました(いつも通りに不平を言う)。

今日は東京は気温も下がって雨のち晴れなのですが、まだ風が強く…
ええ、春ですね。
日曜日には夏日を記録し、月曜日にはダウンコートで出勤するような天気。
毎日、天気予報を真剣に見て着るものを決めています。
こうして暖かい風と、冷たい風がぶつかりあって、天気が激しく変わっている間に、季節が移っていくのですね。…ああ、顔が痛い。


…なんの話でしたっけ?

…ええと…。
みなさん、強風にはお気を付けください。

さてさて、新刊のコチラ
イラストでわかる心臓病


手術後・退院後の安心シリーズの最新刊です。
このシリーズ、先月は
イラストでわかるリンパ浮腫

こちらが発刊され、セルフケアの図解がわかりやすいとご好評をいただいております。

イラストがいっぱいでわかりやすいことが特長のこのシリーズ、もちろん新刊も…
心臓病の手術後のリハビリ・療養を運動に限定せず、生活全般からとりあげて、イラストいっぱいで紹介しています。
監修は、伊東春樹先生。榊原記念病院副院長です。
伊東春樹先生は、コチラも…
快速まるわかり 不整脈・心臓病の治療と暮らし方


大好評です。

気になる症状のある方、心臓の病気で治療を受けた方、またはご家族の方にお勧めです。
ラベル:強風
posted by ハナダヤマ at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: