2016年09月06日

おなかをこわしやすい方へ

台風が次々来ています。
13号も発生したとか。
例年この時期は台風の季節ではありますが、今年はとくに影響が大きいような…
東北や北海道の被害も心配です。
この後のお天気の変化にもどうぞお気をつけください。

新刊のお知らせです。
最新刊はこちら!
IBS(過敏性腸症候群)を治す本

IBS(過敏性腸症候群)は下痢や便秘を頻繁に繰り返すものの、検査をしても腫瘍や潰瘍などが見つからないものです。
IBS自体は体質によるものですが、長期にわたって悩み、就労や進学、社交、外出など生活へも大きな影響があらわれている人も多いそうです。
著者の水上健先生によると、IBSの原因は大きく分けて3つ。
その原因を知り、正しく対処すればかなりコントロールできるようになるそうです。
病院での治療のほか、ご家庭で行えるマッサージ方法なども紹介しています。
テレビで紹介した際はとても反響が大きかったのだとか。
下痢でお悩みの方、ぜひご一読ください!

こちらも好評です!
てんかんが怖くなくなる本



最新版 膠原病・リウマチがわかる本


よろしくお願いいたします!



ラベル:IBS
posted by ハナダヤマ at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

8月の終わり

8月31日といえば夏休み最後の日というイメージですが、最近は東京でも今秋から2学期が始まっている学校もあるとか。
多くの学校では明日から2学期ですね。
ハナダヤマはまだ夏休みを消化しきれず。
早めに使わなくては。

もう月末ですが、8月も本づくりがんばっておりました。
てんかんが怖くなくなる本

患者数がとても多く、身近な病気なのに、誤解の多いてんかん。
長年第一線でてんかん診療を行う著者が、てんかんの正しい知識、症状、治療、対処法について詳しくわかりやすく解説しています。

最新版 膠原病・リウマチがわかる本

ふしぶしの痛みを招くリウマチや膠原病。
生活への影響も大きい病気です。
専門でリウマチ診療を行う著者が、病気の知識、治療、上手なつき合い方を詳解。

てんかんも、膠原病、リウマチも、病状を見極め、上手につき合い、コントロールしていくことが大切です。
豊富な図解で理解しやすい構成となっておりますので、ぜひお役立てください。

まだまだ残暑は続きそうです。
おからだにはお気をつけください。


posted by ハナダヤマ at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

梅雨

梅雨入りした東京、今日も朝は少し降っていましたが、昼の今はやんでいる模様です。
降ったりやんだりという天気が続いていますね。
農作物に潤いをもたらす季節ですが、同時に微生物も繁殖しやすく、食中毒などの起こりやすい季節でもありますのでみなさんお気をつけください。
最近、ブルーベリーをパックで買って、翌朝食べようと開けてみたら1割程度がすでにいたんでいて悲しい気持ちになりました。買ってすぐ冷蔵庫に入れておいたのに。微生物…、元気ですね。

そんななか、今月の新刊が完成しました。
見本が届いていますので、近日中に全国の書店さんの店頭でご覧いただけることと思います。

まずはこちら!
新版 ステロイドがわかる本


ステロイド薬の働きのしくみ、特徴や、使用方法などについて詳しく解説した「ステロイド薬がわかる本」の改訂版です。
書籍名はステロイド薬ではなく、「ステロイド」となっています。
ご注文の際はご注意ください。

そしてもう1点!
ウルトラ図解くび・肩・背中の痛み

大好評、オールカラー図解の最新版です。
肩こりや、寝違え、むち打ち症などくび、肩や背中周辺の痛みは多いものです。
そうした不快な症状をもたらす原因や、頸椎を中心とした頸部、肩周辺のしくみ、病院で治療すべき病気と治療法、家庭でできるセルフケアなどを詳しく、オールカラーの図解で解説しました。
ぜひ、ご利用ください!

こちらも!
医者からもらった薬がわかる本 第30版


好評です!
posted by ハナダヤマ at 14:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

医者からもらった薬がわかる本 第30版 まもなく発売です

昨日は雨でしたが、今日はすっかり晴れ渡りよいお天気。
空がまぶしいです。
もう夏みたいですね〜
紫外線対策を欠かさないハナダヤマですが、毎年この時期を皮切りにがんがん黒くなっていきます。
どうして…、こう、なんていうか…
うーん…
…肌を守ってくれてありがとうメラニン!

さてさて、毎回ご好評をいただいている「医者からもらった薬がわかる本」も今回でとうとう第30版!
もうすぐ発刊です。
早ければ今週末にも書店さんなどでご覧いただけることと思います。
今回は目にも爽やかなブルーの表紙。
医者からもらった薬がわかる本 第30版

こちらを目印に見つけてくださいませ。

処方されることの多い約12000品目について、用途や使用方法、価格、副作用などの注意事項をお知らせしています。
また海外での販売の有無を点数化した海外評価や、アメリカ食品衛生局(FDA)による妊娠中の使用の安全性について分類したプレグナンシーカテゴリーなど、薬使用の判断の目安にお役立ていただける情報も掲載しています。

こちらも!
ボケない暮らし 30ヵ条


認知症専門医が教えるMCI(軽度認知障害)から引き返す30のヒント。

ウルトラ図解 甲状腺の病気


オールカラー図解で、わかりやすい解説です。

在宅医療 多職種連携ハンドブック


病気や障害をもった人を在宅で支えるための医療連携と実践ノウハウ!

よろしくお願いいたします!
posted by ハナダヤマ at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

新年度もよろしくお願いいたします

桜も満開のこの季節、入社式、入学式という方も多いのではないでしょうか。
週末は曇りのお天気ものもと、お花見をしている方々を大勢お見かけしまして、楽しそうでした。
ハナダヤマも歩いてお花見をしてきました。

東京ではここのところ、雨が続いていますが、まだ何日かは楽しめるでしょうか。

さてさて、4月も新刊が出ます!
まずは、大好評オールカラー家庭医学書「ウルトラ図解シリーズ」の最新版
ウルトラ図解 甲状腺の病気

甲状腺の病気といえば、ホルモンに関わるので、イライラ、倦怠感、動悸、息切れ、のどの渇き、体温調節機能の変化、気分の変化…などなど症状が多岐にわたることが特徴。日常生活への影響も大きいのです。
しかも患者数は500万人ともいわれ、患者数が多いにも関わらず、誤解されることも多い病気です。
こうした甲状腺の病気の、正しい知識、検査や治療、生活での注意を、バセドウ病、橋本病、甲状腺がんなど甲状腺疾患診療の権威である伊藤公一先生の監修で、わかりやすくオールカラーの図解で説明しています。

そしてこちら!「ボケない暮らし 30ヵ条

認知症の治療というと従来は、進行して困った症状が出てからの対処ということが主流でしたが、近年では認知症の前段階であるMCI(軽度認知障害)のうちに発見することで、正常に戻る(リバート)率が高まるというエビデンスのある対処法がいくつも報告されています。
しかもそれらは、暮らしの中で簡単に行えるようなことも多いのです。
MCIから認知症へ進むのを食い止め、正常へ引き返すための有効手段を、認知症の専門医で、長年認知症研究をリードしている朝田隆先生に「30ヵ条」としてわかりやすく、面白く解説していただきました。
軽度認知症の方、また将来ボケたくないとお考えの方におすすめです。


そして、こちらも。
春眠暁を覚えず…といいますが、眠りの悩みにはこの本を。
不眠の悩みを解消する本



図鑑好きなお子様の進学、進級祝いに!
からだと病気のしくみ図鑑



出会いの季節。ダイエットを!という方に、糖質オフダイエットを「献立」で考えたレシピ本です。
糖質オフのダイエット献立



一人暮らしでも忙しくても、大丈夫!
缶詰アレンジで健康メニューがぱぱっとそろいます。
からだにおいしい缶詰レシピ
posted by ハナダヤマ at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする