2018年12月14日

アンガーコントロールと筋トレ

あっという間に年末。
銀座の町もクリスマスムード高まっております。
みなさん、年末年始の準備は進んでいらっしゃいますでしょうか。
ハナダヤマは「手をつけねば」と日々思いながら暮らしております。でも来年のカレンダーや手帳は準備万端。
年の瀬ですねえ。

さて、そんななかでもせっせと本は作っております。
ご好評いただいているのがこちら!
マンガでわかる アンガーコントロールガイド


認知行動療法の専門科である清水栄司先生に、認知行動療法による怒りの感情のコントロール法を教えてもらいました。楽しいマンガ解説でわかりやすく、アンガーコントロール法が学べます。なんでも怒りの感情自体は悪いものではないのだとか。
表出の仕方をコントロールできればトラブルを減らせるということですね。
人と会う機会の多いこの時期、お役立ていただきたい1冊です。

こちらもおすすめ!
50歳からの筋トレ・メソッド


こちらは70歳からの筋トレ&ストレッチで、トレーニングの実演をしてくださった宮田みゆき先生の本です。
なんと宮田みゆき先生は、50歳からボディビルを始め、わずか3年で日本チャンピオンになったのだとか。
エッセイもあり、おすすめです。

では風邪など流行っていますので、お気をつけください!



posted by ハナダヤマ at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

本作っております

ご無沙汰しております。ブログをやめたのか?とよく聞かれますがやめてません、ハナダヤマです。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか
今年の夏はとにかく記録的猛暑…
そして、やっと日本列島から台風が去りましたが、まだまだシーズンは続きます。みなさまご注意くださいませ。

本作りのほうもせっせと進めております。
たとえばこちら!
慢性便秘症を治す本


慢性便秘症は、2017年にはじめて国内で診療ガイドラインが作成され、治療が標準化されるようになりました。「便秘」といってもたまに出なくなるという人もいれば、長年にわたってずっと苦しんでいるという人もいて個人差が大きいそうです。ですので、便秘でつらい思いをしていても、「便秘くらいで」と周囲から理解されないこともあります。
また便秘になる原因も実はいろいろあり、体質や生活習慣によるところも大きいのです。
原因とタイプを見極めて正しい対処をすると、かなり症状は改善するそうです。
本書は、便秘の知識、タイプ、原因とともに、正しい対処法を紹介。腸を動かすマッサージも詳しく解説しています。
図解も豊富でわかりやすいです。
便秘にお悩みの方、ぜひご一読ください。

ウルトラ図解 白内障・緑内障

視力や視覚に関わる目の病気。しかし最近は、パソコンやスマホの普及で目の疲れが日常化しています。すると多少、目の違和感、見え方の変化があっても「疲れ目かな」と放置しがちに…
緑内障、白内障は悪化すると失明にもつながるこわい病気です。
本書は緑内障、白内障の症状や原因、治療法についてオールカラーの図解とともにわかりやすく紹介します。
気になる方、健康診断で指摘のあった方、ぜひご一読ください。

オールカラー図解が大好評。
ウルトラ図解シリーズはこちら!


まだまだ暑い日が続きます。
動かないハナダヤマも塩飴常備でがんばってまいります!







posted by ハナダヤマ at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

春ですね

すっかり桜も散り、春となりました。
入学式、入社式シーズンですね。
この季節、生活ががらりと変わる方もいらっしゃるでしょう

春の新刊はこちら!
ウルトラ図解 ADHD


オールカラー図解が大好評、ウルトラ図解シリーズの最新刊です。
ADHDとは注意欠如多動性障害のこと。
ADHDの正しい知識と、特性のあらわれ方、医療機関での治療法、適応のための考え方をわかりやすく解説しました。

あわせてこちらもおすすめ
マンガでわかる 発達障害 特性&個性 発見ガイド

精神科医が教える 発達障害の特性を個性に変えて自分らしく成功するためのガイド

自分を傷つけてしまう人のためのレスキューガイド

自傷行為、摂食障害、物質乱用・依存に悩む人へ
posted by ハナダヤマ at 10:48| Comment(0) | 法研の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

春がだんだん

今日はまた一段と冷え込みましたね。
冬の東京では珍しく朝から雨です。
ピョンチャンオリンピックも盛り上がっていますね。
ねー・・・
などと考えながらブログを見ると最新記事が昨年末の挨拶でした。
月日の過ぎていく速さに驚くばかりです。
もうこのブログにも何度となく書いておりますが、更新が少ないときは本作りをがんばっているときなんです(きっと)。更新するひまがないっていうと、それほどでもないよなあ・・・と思わないでもないのですが、更新を思いつかないほどというと、それほど嘘でもないような気がします。
というわけで、ブログのことはいつも考えていたのですよ。

もちろん本も作っていました。
最近は・・・
マンガでわかる 発達障害 特性&個性 発見ガイド

こちら!
こちらは発達障害をマンガで解説した↓こちらの2冊
マンガでわかる 大人のADHDコントロールガイド


マンガでわかる アスペルガー症候群の人とのコミュニケーションガイド

の続編ともいえる書籍で、もちろんこちらだけ読んでも内容はわかるのですが、併せて読むとより詳しく、発達障害の特性を抱えながら、それを見極めて、自分の個性に変えていったり、強みとして生かしたり、またはより適応しやすい環境を考えるうえでのヒントにしたりといったことができます。
発達障害の中でも、ADHDやアスペルガー症候群を含むASDについてもっと詳しく知りたい!という方には、それぞれおすすめです。

そしてこちら!
最先端治療 大腸がん

最前線の専門医チームによる詳しい解説が好評の、国がん中央病院 がん攻略シリーズの最新版。
大腸がんがテーマになります。大腸がんは適切な処置を受けられれば手術後の経過が比較的よいことでも知られています。大腸がんの標準治療に加え、現在、治験・臨床試験中の検査・治療法や分子標的薬などの最新情報をていねいに解説しています。


自分を傷つけてしまう人のためのレスキューガイド

タイトルの自分を傷つけてしまう・・・というのは、自傷行為を指します。またそれと同時に摂食障害、物質乱用・依存は別の行為のように見えて、自傷行為と深くつながっており、相互にくり返したりすることも珍しくありません。また摂食障害、物質乱用・依存も広げて解釈すると、それを続けることによって体に悪い影響があることから自傷行為であると考えることもできます。
だからといって行為をやめさせようとすると、問題はより複雑化、悪化してしまう事態にもなりかねません。
本書は、自分を傷つけてしまう行為の根底にある生きづらさや、周囲との関係性に目を向けて、改善するための道を探っていく本となっています。


そのほか!新刊ございます!!
追って紹介してまいります!

今年もよろしくお願いいたします。












ラベル:発達障害
posted by ハナダヤマ at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

2017年、今年もお世話になりました!

みなさま、今年もお世話になりました。
本日、法研は年内営業最終日です。新年の業務は1月5日からとなります。
また新年もよろしくお願いいたします。

これから片付けたり、新年の準備をしたり…
年末の風景ですね。

みなさま、お風邪など気をつけて、よいお年をお迎えください!



大好評!坂東眞理子先生の最新刊!脱・もう遅いかも症候群
言い訳してる場合か!




大切なイベントを成功させる、司会進行文例と 進め方の急所
改訂版 PTAのあいさつ・司会進行・文書の事典




決して珍しくない統合失調症を確かに理解して、治療と回復をサポート
ウルトラ図解 統合失調症











posted by ハナダヤマ at 10:09| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする